めうしの乳日記 忍者ブログ

プロフィール
HN:
めうし
性別:
女性
職業:
 機械屋の女房で元授乳婦、アトリエ・スペアミントの店員
趣味:
自分が食べれるお菓子づくり
家族紹介:
     旦那さんはおうしさん
     息子9歳、こうしくん
     娘4歳、こうしちゃん
ブログ内検索
スポンサーサイト
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

マイクロアドは、ブログやサイトにタグを貼るだけでOK!
↓こんな広告が載せれます★
ちょっと楽しい♪

最新商品をお得にGETできて、
ポイントもたまるよ♪
子供を産んだら、めうしのように乳が出た。              乳が出る。喜ばしいことだけど、出過ぎる乳は困りもの。      今では困ったおっぱいちゃんも、楽しい思い出話かも。
2017/10/21 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/02/12 (Tue)

こじかくんちは、剣道三兄弟。
お兄ちゃんもお姉ちゃんも剣士です。
日曜日は、こじか兄君のバザーがあるから遊びに来てね~♪とお誘いを受けました。
めうしんちからバザー会場の金印が出た島まで、約5km。
車で15分位のものです。
島を目指して走っていくと…松林がなくなって、
道を挟んで左には博多湾、右には玄界灘が現れます。
寒風吹き荒ぶ白波の中に、サーファーがちっちゃいアリンコのように見え隠れしています。
お~!元気だぁ。若者はすごいなぁ~。
あったかな車の中からお子ちゃま達と、アリンコ!アリンコ!と喜んでいたら、去年の事を思い出しました。
そう、めうしは去年、
このバザーに、チャリンコで出かけたんだった…。
しかも、前にこうしちゃん10kg、
後ろにこうしくん20kgを乗せてね★

去年もこじかママに誘われて、
出店場所をキチンと聞いてなかっためうしは…
中学校のバザーなら中学校のはず!
2.5km位の道のりなら、ちょっと寒いけどチャリも楽しいよ♪
と、足取り軽く出かけました。
「ぴゅーぴゅー風が、寒いねぇ」と、こうしくん。
「ねぇ!」と、こうしちゃん。
「そしたらね、バザーの豚汁がおいしいよ~♪」
なんて、お子ちゃま2人乗せて、ご機嫌でチャリを漕ぐめうし。
ちょっときつかったけど、中学校に着きました。
でも、ガラーンとして誰もいない。
困り果ててうろうろしていたら、通りすがりの先生が居た!
「あの、剣友会のバザーはどこでしょうか?」
「え!?僕…知らないんですよ。ちょっと待っててね!」

…10分後。

「志賀公民館だってよ!」
「え…!?しかのしま!?」
先生も、生あたたかい目で、前後にお子ちゃま、チャリに跨るめうしを見つめています。
せっかくココまで来たのに、諦めて帰るのはイヤだぁ…。
今来た位と同じぐらい走ったら、こじかママが豚汁を食べさせてくれるやん!
同じ距離走って帰るぐらいなら、めうしは前に進みたいもん!
「せっかく来たから、このまま行って来ます!」
先生は、さらに生あたたかい目で、
めうし達に手を振ってくれました(^^〃)

寒いけど、松林がある間は守られてるので、チャリはそれなりに進みます。でも、松林が途切れ、目の前に島が現れて、海の中にまっすぐ伸びる道が現れたとたん、
びぃゅうおぉぉぉぉぉ~!!!!
海風に襲われて、自転車が進まないのです(涙)
「うわぁぁ~!!」
「きゃぁぁ~!!」
道路に乗り上げ降り積もった砂が、
チャリのタイヤを拒みます。
「こうし!ゴメン。自転車降りて、歩いてくれん?」
「え~!」
こうしちゃんの頭に、コートのフードをシッカリかぶせ、砂混じりの海風の中、島を目指してじりじり進みます。
「ママ!風が痛いよ(;▽;)ビシビシするよ!」
「風が吹いたら背中を向けて耐えるとよ!
 風の方を向くから痛いの!」
6歳児に、かなり無茶を言うめうし。
玄界灘も、めうしの頭の中も、ドッパーン!白波立ってます。
でも、この見えてる約800mが縮まないの…(涙)
何とか猛風の中、橋を渡りきり、チャリチャリ行けば公民館。
自転車から降りたら、
固まっちゃって足が動かない3人でした(笑)

「いらっしゃ~い♪
 えっっ!?チャリできた!?
 うそぉっ!?私、志賀公民館って言ったや~ん!
 もぉ~。まったく、めうしちゃんったらっ♪」
明るく笑い飛ばしてくれるこじかママと、
こじかんくんとこじかちゃんの笑顔。
あったかい豚汁とぜんざいで、ガチガチガクガクだった体がほぐれていきました。頑張ったね~(^^;)と剣友会のママさん達の、笑顔もあったかかったよ~。
十分に充電できたから、おうしさんのかしわご飯を買って、
帰りは3人鼻歌交じりでチャリチャリ~っと帰りました。

そして、おうちに帰り着いたら…
こうしちゃんのお靴がない!片っぽナイ!
こうしくんも履いた、こうしちゃんも履いてる、
大事なファーストシューズなのに!!
おうちに入って、一部始終をおうしさんに話しながら、
こうしちゃんにオッパイ飲ませたら…
「ゴメン!やっぱりお靴探しに行かんと、
 私、何も手に付かない(涙)」
もう一回、1人チャリに跨るめうしでした。

ナイ…ナイ…ナイ…!
やっぱりナイっ!
でも…もうちょっと行ってみよう、もうちょっと。
そしたら…あるかも!
あ…!
あった!
あったよっ!!!
チャリを降りて、小さなお靴を抱きしめたその場所は、
島に渡る、あの橋のたもとでした(笑)

そんな事をくすっと思い出しながら、
ニッコリ笑顔でこじかママにご挨拶。
何食わぬ顔でお店を見て回り、
かしわご飯とおぜんざいとカレーを買って帰ろうとしたら、
「今年もチャリで来たのかなぁ?」
剣友会ママさん達に、声をかけられちゃいました(^^〃)
やっぱり、憶えてた?

ポチッと応援お願いします!

人気blogランキングへ★

PR
2007/08/26 (Sun)

ついこの間、嬉しいことがありました。
おうしさんが、趣味でやってるyahoo!オークション。
アメリカのナイフメーカーのLEDライトなんかを出品しています。何気なく画面を眺めていたら、ピコンと質問が上がってきたそうです。

「お~い!」 おうしさんが呼んでるよ。
「なに~?」 仕事部屋に行ってみました。
「ピコンって質問が上がってきたぞ!見ろ!」
見覚えのあるID…。
「あ~!こりすくんママだ~!」
こうしくんより1つ年上のこりすくん。
同じ時期に保育所の保護者会役員を務めたことで、彼女とはとても仲良くなれました。公立保育所の民営化問題に、うちの保育所が晒されたときも、市に対して一緒に立ち向かった戦友(?)です(笑)そして、こりすくんは小学校に上がる前に、お家の近くの保育園に転園していったのでした。
彼女もオークションを楽しんでいて、当時お互いの画面に質問の仕合いっこをして、遊んでました(^^)
その彼女からのひっさびさ、1年以上ぶりのコンタクト!
「きゃぁ~♪元気にしてたんだ~!メールしてみよ~!」
メールアドレスは変わっていたものの、再度質問を使ってコンタクトを取り直し、無事にメールは届きました。mixiの中の私まで見つけてくれた彼女でした。
そんな、こりす親子が我が家にあるモノを届けてくれたことがありました。今日は、そんな2年ぐらい前のお話しです。

「ねぇねぇ、近所のたんぼに、いーっぱいオタマジャクシがおったけん、昨日、こりすといっぱいとったとよ~。
スゴイと~!量がハンパじゃないけん(笑)
そんで、かわいいからこうしくんに持ってきてあげるね~♪」
「わ~い!楽しみにしてる~♪」
ほんとに、10匹ぐらい持ってきてくれました。
ち~っちゃくてかわいいの。
もっと捕っていたらしいけど、そんなに持ってきたらビックリするだろうからって、10匹で勘弁してくれた彼女たちでした(笑)

早速大きなガラスの金魚鉢みたいな花瓶を引っぱり出してきて、庭の砂利をかき集め、井戸水を汲み、オタマジャクシ達をもてなします。
小指の先位しかない、ちっちゃなちっちゃなオタマジャクシ。
ちょろちょろちゅるちゅる動いてる♪
メダカの餌をつついてる!かわいぃ~♪
ちょうどその頃、私のお腹の中でも、オタマジャクシぐらいの
こうしちゃんがちょろちょろしてました。
だからなんだか、この小さな命達が
同じように愛しくて愛しくて、毎日ニヤニヤ眺めていました。

「あ、足!足が生えてきたよ!」
「あ~♪ヒコヒコしてる♪」
「手も生えてきたよ~!うわっ、ちっちゃー♪」
「多分ね~。
お腹の赤ちゃんもこんなちっちゃな手をしてるよ~♪」
こうしくんと2人、毎日成長を楽しみます。
「しっぽが短くなってきたら、カエルだね」
停まる所ができるように、花瓶の中に大きめの石を入れてあげます。しっぽの長いちっちゃなちっちゃなカエルが、ぴちょっと石の上に座ってまったりしてるのを幸せ~に眺めていました。

そしてついに、花瓶を飛び出し、部屋の中にこのちっちゃな
カエルが乱入してくるようになりました!
やっほ~ぃ!何匹か捕獲して、庭に放してあげます。
でも、うちの周りは笹林。ちょっと行っても海と砂浜と松林。
近くに池も、たんぼもありません。
この子達が幸せに暮らせる環境って…
ここら辺には無いよぉ…。
ちょうどその頃、
つわりが酷くて水も飲めなくなってきためうしでした。

朝、こうしくんを保育所に連れて行って帰ってきたらもうフラフラ。ほとんど起きあがれなくなってきていました。なんとか、
朝の保育所行きとオタマジャクシの水替えを頑張るめうし。
でも、カエルになるとメダカの餌じゃダメみたいで、どんどん弱っていくカエル達。タイミング悪く、庭に放してあげる前に、消えていってしまう小さな命達。
私の内で、もう一つの小さな命はどんどん育っていっているのに、目の前の小さなカエル達はどんどん弱って死んでいってしまう。でも、水も吐いてしまうほどのつわりで思うように動けない自分。矛盾とジレンマにちょっと凹みました。
あと数匹残っているカエル達をちゃんと返してあげなければ、この子を産む資格は無い!とまで思っちゃっためうしです。
 ↑  おいおい。

次のお休みの日、おうしさんに実家の近くの池のある公園に連れて行ってもらいました。
フラフラになりながら、ガードレールを乗り越え、柵をよじ登り、池の縁にたどり着きます。
 ↑ つわりの妊婦のすることじゃありませんね(笑)
こうしくんの虫かごの中から、ちいさなカエルを手にとって水に離してあげた瞬間、すぃーっと、カエルは池に帰っていきました。すぃーっとね。
よかった。本当によかった…。ホッとしためうしでした。

こうして、赤ちゃんを産む資格を得ためうしは、
ちゃんとこうしちゃんを産んで、おっぱいをあげれています。
そのおっぱいにも、もうすぐさようなら。
9月の4日の朝を最後にしようかな。
こうしちゃん、それまでいっぱい飲んでちょうだいね★

ポチッと応援お願いします!

人気blogランキングへ★

2007/08/09 (Thu)

こうしちゃん、1歳8ヶ月。
断乳まであともう少し。
おっぱいの味にうるさい、グルメな1歳児です。

そう、1歳児。
思いも寄らないグルメです。

コメントにて、しばしば登場、こうま3号ちゃん。
お口がモゴモゴしてるから、
ペーしてごらんとお手てを出すと、
チーン!ジャラジャラジャラ♪
ビー玉が3個出てきました!

そしてお部屋の中には、
フレッシュな土が植木鉢の中に★
ほじくり返して味わいます。
ついでにお飾り鹿さんもイイお味だそうで。

お家がネットショップのひよこちゃん。
コソッとお外に出ようとしたら、
玄関先には宅急便の送付状がイッパイ。
ペラペラしてて、おいしそう♪
モシャモシャかみしめていたら、
企んでいた脱走計画を忘れちゃいました。
おかげで、ママは無事捕獲。

かゆーい蚊が来る夏の夜。
枕元には、ムヒベビー。
ちょっと早めに目が覚めた、しろくまちゃん。
チューブの蓋が開いていた!
コレはチャンスとすかさずチューチュー。
とってもクリーミーだったでしょうねぇ★

笹林に囲まれた、不思議な間取りのめうしのお家。
地震の後に隙間ができたか?
家の中にダンゴムシがいます。
ある日こうしちゃんが、
何かモゴモゴッとした後に、ぺっぺ!としていました。
何だろうとお口を調べたら、
そこには、オーム!
ごめんね…オーム。
蟲と人とじゃ…やっぱり一緒には暮らせないんだね。

そして、海辺のマンションのこぐまちゃん。
ベランダにハトが遊びによく来ます。
気持ちのいい日にベランダに出たら、
見慣れぬ物体が落ちてました。
まずはお口で確かめて…
あ、水たまりもあった!ぺちょぺちょぺちょ!
ちょっと溶けておもしろい!
そしたら、どんなお味かな?
もう1回確かめて…
ハッと気が付きベランダに行った、こぐまママ。
ハトのフンで大喜びの息子に絶叫したとか。

この時は、さすがにママ友みんな
その後のお腹が大丈夫か、本気で心配しましたよ。
ありがたいことに、下痢1つせず元気なこぐまちゃんでした★

みなさん、赤ちゃんの誤飲誤食にお気をつけ下さいませ。
お話しご提供のママ友に、大感謝。
あんまり楽しかったので、書いちゃいました。
ごめんなさい♪ m(_ _)m


応援お願いします★人気blogランキングへ

2007/08/01 (Wed)

『今日やってますか?』のチビ助さんの体験談、
「今日は恐い話」「今日も恐い話」「今日まで恐い話」
を読んでいて、何だか私も恐い話を書いてみたくなりました。
 ↑ 普段はとってもおもしろいんだけど、この時は
    とっても恐かった(T_T)
でも、書いていて後で自分が恐くなるがイヤなので、
ちょっとだけ恐い話にしときます。
ちょっとだけ。夏ですし(^^)

このお話は、おうしさんとは婚約中、
嫁入り前のOLだった頃のお話。 

私は土木系設計事務所に勤めていたのですが、
周りは男性の方が多く、自然と私が、お茶のお世話や
お昼ご飯の注文をする事が当たり前になっていました。
毎日11時位にオフィス弁当の見本を持って、お弁当屋さんがやって来ます。
みーんな仕事してる事務所の中で、
「お弁当いかがですか~♪」と明るい声で叫んで、
おぢさま達のお昼のお弁当の注文を集めるのが、
ちょっと楽しかったり。
その日も明るく叫んで、お弁当の数を集計しました。

確かその日は10個だったかな。
お弁当屋さんに、じゃぁ、10個お願いしますと頼んでいると、
「私も1つねぇ~」
と、黒い服を着たショートカットの女の子が、すーっと私達の前を通り過ぎていきました。
あれ?っと思って、あわてて追いかけたんだけど、ドアを開けた廊下には、人っ子一人いません。
おかしいなぁ…と思いながら、受付カウンターに戻ります。
「ちょっと待ってて下さいね」と、奥の事務所に戻り、
その日、制服の黒いタイトに黒カーディガンを着ていた
イルカちゃんを探します。
いた?!
事務所から出ていったと思っていたけど…
ココにいるのはイルカちゃん。

「ねぇねぇ!さっき私に、『お弁当、私も1つね~』って
言ったよね?」
「ううん。言ってないよ~。ずーっとココにいたよ」
「えぇぇ…?!」∑(゚∇゚|||)

お待たせしているお弁当屋さんの所に戻ります。
「すみません、お待たせしました。さっき、女の子が
私も1つねって、声を掛けていきましたよね?」
「そうですね。もう1つ追加しますか?」
お弁当屋さんも見て、聞いてる?!
えっと…ホントにもう1個頼んでいいのかな…(汗)
でも、余ったってしょうがないし…
あ、私も頼むんだから私の分提供して、
もし足りなくなったらコンビニに走ればいいや!
「いえ、10個でお願いします。」

そして、お待ちかねのお昼休み。
玄関のカウンターに、
注文していた10個のお弁当が届いています。
みんなそれぞれ頼んでいたお弁当を取りに来て、
思い思いの所でいただきます。
そして、1個だけ…
誰も取りに来ませんでした。
しばらく待ったけど、やっぱり取りに来ませんでした。

めうしは、真っ昼間から、幽霊にお弁当を注文された女です★


応援お願いします★人気blogランキングへ

HOME

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
最新コメント
[05/01 やっち]
[04/30 onigiri15]
[03/30 やっち]
[03/29 onigiri15]
[03/06 スペアミント*emi]
[03/06 こうまママ]
[03/05 onigiri15]
[03/03 やっち]
[12/10 プルメリア]
[08/03 そら]
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ[PR]

powered by NinjaBlog.Copyright©2007 *meushi* all right reserved.
Template by ねむ