めうしの乳日記 忍者ブログ

プロフィール
HN:
めうし
性別:
女性
職業:
 機械屋の女房で元授乳婦、アトリエ・スペアミントの店員
趣味:
自分が食べれるお菓子づくり
家族紹介:
     旦那さんはおうしさん
     息子9歳、こうしくん
     娘4歳、こうしちゃん
ブログ内検索
スポンサーサイト
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

マイクロアドは、ブログやサイトにタグを貼るだけでOK!
↓こんな広告が載せれます★
ちょっと楽しい♪

最新商品をお得にGETできて、
ポイントもたまるよ♪
子供を産んだら、めうしのように乳が出た。              乳が出る。喜ばしいことだけど、出過ぎる乳は困りもの。      今では困ったおっぱいちゃんも、楽しい思い出話かも。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
2017/08/23 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/04/09 (Thu)
          

少し葉っぱが混じった桜の中、今日は小学校の入学式でした。めうしには、この桜と入学式というと、ちょっと胸がきゅんとなる思い出があるのです。

去年の桜の季節に、お仕事関連で悩み心が折れそうだっためうしを、奈多の神社までお花見に連れ出してくれたおうしさん。
はしゃぐ子供達と舞い散る桜の花びら。
それを眺めながらも心が晴れないめうしを見つめる、同じく悩んでいたおうしさんの少し悲しげな切ない目。
そして、入学式で学校がお休みなのだけど、その日までに重要書類を仕上げなければならない事から、桜が散る中めうしの実家に、こうし君を初めての電車一人旅に出した事。
この時の重要書類が功を奏して今のめうし達があるのですが、桜がひらりんとすると、涙がぽろりんと少しおセンチな気分になるのでした。

今年の桜はいつになく早く、めうし達の結婚記念日の3月末には、もう咲き始めていました。
今年は志賀島にお弁当を持って遊びに行きました。
こうしちゃんの頭を桜だらけにして遊んだり、登りやすそうな木にみんなで登ったり。
スギ花粉で閉じこめられて、きゅ~っとなってた心を、
ぱぁ~っと開いて大はしゃぎ。
そしてお夕食は久々にレストランでお食事を楽しみました。
そのお家に帰る車の中、おうしさんに異変が起こったのです。

みなさんご存じですか?
花粉症は人格を変えるんですよ。
アレルゲンがこぞって体内で暴れ出し不快症状を巻き起こし出すと、フラストレーションが溜まりイライラがピークに達しやすくなっちゃうのでしょう。
普段温和なおうしさんですが、花粉の時期の変容ぶりは大魔人のよう(笑)

1日お外で過ごし、花粉だらけのレストランでの食事はかなりの負担だったらしく、帰り際辛そうなおうしさんでした。
早くお家に帰ろうねと急いでも、夕方の道路は混んでいます。
進路妨害や思ったように走れない状況に、おうしさんのハンドルはワイルドになっていきます。
そう、彼はその昔、峠の走り屋でした。
こうなってくると、めうしもこうしくんも
凍り付いた空気にピキーンとなってしまうのですが。。。

「ぱぱちゃんおこってる~!かっこい~♪」
天真爛漫なこうしちゃん。
「ぱぱちゃん、はや~い♪」
タイヤを鳴らしそうな勢いのハンドリングにも、歓喜の声。
娘万歳!ブラボーこうしちゃん!
尖った心を、まぁるく柔らかくしてくれるのでした。
そして次の日に、おうしさんがめうし達に買ってきてくれた、
イチゴたっぷりのチョコクッキーもあまぁくまぁるい味でした。

散ってしまう前に夜桜を眺めたいと、海の中道の桜並木を訪れて、花びらの隙間から濃紺の空を見上げたら。。。
婚約時代におうしさんと、
人のいない、桜天井の小さな夜の公園で
こっそりワルツを踊ったのを思い出しました。
その人は今そこで、子供達と桜の花を集めている。

今年もこうしくんは、桜が散る中はりきって、ノンナとけんジイの待つめうしの実家に電車一人旅に出かけました。

思い出は、少しずつ塗り重ねられていく。
悲しく切ないことも。
嬉しく楽しいことも。



ポチッと応援お願いします!

人気blogランキングへ★
PR
2009/03/18 (Wed)

            

玄関を出ると…
ほわんと暖かな風が頬をなで、
ちょっとぶ~臭い春の匂いがしてきました。
そういえば、何日前からか鶯が鳴いていた。
春ですね。
博多では旧でやるのよ♪
と、まだまだお雛様を楽しんでるめうしです。
毎日1本ずつ、こうしちゃんがご近所から雪柳をお頂戴して、自分のおやつの一粒と一緒に、
この雪柳をお雛様にプレゼントしています(^^〃)

ついこの間雪だるまを作ったのに…本当にあっという間。
その間、おうしさんはお仕事でイタリアに渡り、ついでに彼の地にてめうしの友人とデートをし、そしてパルマの生ハムの巨魁を隠し持って(笑)帰ってきてくれました。
そしてめうしは、例年通り事務所の決算処理を行い、無事に申告を終えた2月中旬、めでたくスギ花粉症デビュー。
慣れない体の反応におたおたしながら、
眼鏡&マスク&帽子の完全武装でスワンさんの新居&アトリエの塗装なんかを楽しんでおりました。
あと、バレンタインには、こうし君の想い人スワンちゃんから、
めうしが(!)手作りチョコを貰っちゃったり♪
ホワイトデーにはお返しに、レモンを封じ込めて甘ずっぱ~い少女のようなシフォンを焼いてみたりしていました。

そう。この花粉症ですが、
実はおうしさんがキャリア28年のバリバリ重症花粉症。
めうしが外から帰って髪を拭いたタオルを使おうものなら…
即反応!ぼろぼろのぐしゅぐしゅのはれはれで、
ち~ん…とノックダウンされちゃいます。
その為、めうしんちではこの季節は
厳戒花粉対策体勢に入るんです。

玄関にて外着と部屋着と、完璧に着替え分け。もちろんそれは家族全員。来客はちょっと離れ風味の和室にて接客。
各部屋では空気清浄機がフル稼働。こまめな掃除、洗濯物の室内干しは必須です。うららかな外の雰囲気とは裏腹に、
自然と気持ちが沈みます(;_;)

おまけに今年から、自宅ではなく都市部にお勤めに出るようになったおうしさん。朝も早く、帰りも遅い。マスクと眼鏡の装備に、抗アレルギー剤をシーズン前から服用したおかげで、重症化はしていませんが、やはり体力の消耗が気になります。
そうすると、お弁当を持たせて、朝夜渡船場まで送り迎え。
う~ん。。。めうしもちょっとシンドイ。

そしたら…
最近子供達がお手伝いをしてくれるようになりました。
めうしが、キツイよ~手伝ってよ~と、少しめそめそしたのもありますが、洗い拭き終わった食器達がテーブルに並ぶと、
こうしちゃんが運搬係、こうしくんが収納係になっています。
多少の小競り合いはありますが、なかなかのチームワーク。
パパが帰ってくる前に、掃除機をかけ出すと、おコタの周りを片づけて、2人がコタツ布団の両端を持ってスタンバイOK。
コタツ布団にも掃除機がかけやすくなりました。

朝5時過ぎ。
眠い目をこすりこすり降りていくと…
まだ暗いリビングに、ぼんぼりがぽわんと灯り
めうしの大事なお雛様が微笑んでいます。
うん。めうし頑張るよ★

ポチッと応援お願いします!

人気blogランキングへ★

2009/01/15 (Thu)

          
       あけまして、おめでとうございます★

新しい年を迎えて、皆様いかがお過ごしでしょうか?
ご挨拶が、こ~んなに遅れてしまって申し訳ありません。
年が明けると怒濤の日々が待っててくれて、めうしに自由になる時間はあまりなく。。。
とってもご無沙汰しておりました。

今年は丑年、めうしも丑年。
ご挨拶も遅れてしまうほど、ペースの遅いめうしですが、
皆様、今年もどうぞよろしくお願いします(^^〃)

めうし達は、年末から家族4人でおうしさんの実家のある五島に渡り、お正月を迎えました。
振り返ると…一昨年までは、おうしさんもめうしも、家の事務所で仕事をしていました。
昨年はその事務所を維持しつつ、2人ともそれぞれ家を離れて、別の仕事を手掛けるようになりました。
生まれてからずっと、いつも家族4人で過ごしてきた子供達にとっても、私達夫婦にとっても、
昨年は、大きな変革の年でした。
いつもは離れて暮らしている五島のばぁばの側で、
家族4人ずっと一緒にいられるのが、ふつふつと嬉しい。
そんな時間でした。

除夜の鐘をテレビでしか聞いた事のないめうしにとって、除夜の鐘をつくのは憧れの1つ。
大晦日の夜、雪のちらつく中
マフラーは頭に海賊巻き★そして目指すは極楽寺!
こうしくんはもちろん。着ぶくれまん丸のこうしちゃんも、
ごぅおぉぉぉぉ~ん!と、除夜の鐘をついてきました。
そして、年が明けるとすぐに引いたおみくじには、

『枯れ果てた田の苗も夕立雨に遭いて、
 再び生き返り秋の収穫も心配に及ばず
 安心出来る運なれ共、 何事も正直にして他人を恨まず、
 仕事大事に励みなさい。』

と、書かれてありました。
何だか昨年からの怒濤の展開を思い出し、そして
年明けから始まるだろう、色んな事を思い描くと、妙に納得。
わかったよ神様。めうし頑張るよ!
と、コソッと笑っためうしでした。

元旦の日、お昼寝後に山の上の神社までみんなで初詣。
お参りした帰り道、小さな公園に落ちていた物。
漁船で使う、使い古しの大きな浮き。
まるで大きな黒いボールのよう。
唯一の遊具の滑り台から、コロがして大喜びの
こうしくんとこうしちゃん。
「あ、オレ、これ欲しかったっちゃんね~♪」
そして、ウッキウキで抱えて持って帰るおうしさん。
そう、我が家の愛艇
Vagabundo君の浮きにするつもりなのでしょう。
「連れて帰るなら、名前がいるねぇ」
めうしが呟くと、こうしくんが叫びました。
「ボールのるーちゃん!」
こうして、るーちゃんまでめうしんちにやってきました。
多分、頑張ってるおうしさんに、
神様からのお年玉だったのかしら(笑)

そしてばぁばから貰った立派な水烏賊をめうしの実家に届け、
けんじいとのんな、カバちゃんと和やかなテーブルを囲めたお正月でした。

先週の日曜日
平地で雪がちらつくなら、山の上は真っ白だよ。
おにぎりとカップ麺とお湯を持って、背振山まで雪遊び。
ひとしきりソリ遊びを楽しんだ後は、みんなで作るよ雪ダルマ。
完成したら別れがたくて。。。
頭と体とを別々に、ビニール袋に入れて、連れて帰ってきてしまいました。
次の日、溶け落ちて無くなっちゃったおめめを探しに松林へ。
おうしさん達がお散歩から帰ってきて、松毬のおめめを入れてもらい、やっとめうしんちで人心地つけた雪ダルさん。
           
もう、その次の日にはお顔すら無くなっていました。

儚い雪のような、
子供達との楽しい時間。
忙しくても大切にしていきたい。
守っていきたい、大切な人との時間。
めうしは欲張って、頑張ります★

ポチッと応援お願いします!

人気blogランキングへ★

2008/12/25 (Thu)

         

最近、ある男性をめうしんちにお招きしました。
日本にて考古学を研究し、英国に渡ってさらに学びを深めていらっしゃるその人。
お名前は、onigiri15さんとおっしゃいます。

やっちさんのブログがきっかけで、ネット上でお友達になったonigiriさん。
考古学に興味はあるけれど、女の子としてのフツーの生活を選んでしまっためうしにとって、考古学者は憧れの1つ。
おまけに、めうしとおうしさんが大好きな、英国で生活をしていらっしゃる♪
それだけでも、お会いしたかったんですが、めうしの本名とonigiriさんの本名に幾つかの共通点が隠れていたり♪
幼少の頃、お互い勇者ライディーンが大好きだったり♪
生まれ育った場所が思いの外近い地域で、かかりつけのお医者様までご一緒だったり♪
お互いの母校同士の関係が深く、しかもonigiriさん母校が兄と一緒だったり♪
不思議なご縁がココにもたくさん隠れてました!

初対面なんだけど、初対面じゃない。
その会話の1つ1つに、今までは想像上だったバックグラウンドが見え隠れして、何だか嬉しい雰囲気が漂う。
でも、やっぱりちょびっと猫をかぶって、みんなお行儀良くしている不思議な心地イイ時間が流れました。
おうしさんは、奥深いonigiriさんとお話が弾んで、とても楽しそう。こうしくんは、自分の作品達を色々引っぱり出してはonigiriさんに見せ、こうしちゃんは嬉しそうにクルクル動き回る。そうすると、あっという間にお帰りの時間がやって来てしまいました。

onigiriさんが席を立とうとしたその時、こうしちゃんがニコニコしながら彼に手渡したモノ。
それは、
ティッシュを何枚もニギニギした、まん丸ティッシュ玉。
「こうしちゃん、それなぁに?」
「もしかして…」
「おにぎり!?」
満足げにニンマリ頷くこうしちゃん。
「こうしちゃん、ありがとう!」
と、大事そうに持って帰ってくれた優しいonigiriさんです。

おまけにこうしちゃん、もう1つのティッシュ玉をエプロンの胸元に無理矢理押し込みだしました。
記念撮影するっていうのに、何してるの?
えっ…
まさか…、おっぱい!?
こうしちゃんは、くふくふ笑いながら詰め込んで、満足げにお椅子に座りました。
でもこうしちゃん、おっぱいじゃなくてお腹がポンポコリンだよ?
そう声をかけたら、
ちゃんと胸まで持ち上げて、ちゃっかり記念撮影。
3歳女児、侮れませんね★

帰り際onigiriさんが、セルティックのキーホルダーをこうし君にプレゼントしてくれた瞬間、
そういえば、onigiriさんって…セルティックの中村俊輔さんに似てる!?と言い出したおうしさん。
彼を知らないめうしは、後ですかさずネットで検索。
う~ん…そっくりではないけれど、スポーツマンなのに、どことなく優しげな雰囲気がそうかも?!
それからニュースで、セルティックの中村俊輔さんをお見かけしては、onigiriさ~ん!と手を振るめうし達です(^^〃)

おにぎりがだ~いすきな、こうしくんとこうしちゃん。
「ママ、おにぎりつくって~♪」
と、せがまれてめうしがニギニギ。
「onigiriさんのお母さんのおにぎりも、おいしいんだろうなぁ。でも、今度、ママのおにぎりをonigiriさんに食べさせたいなぁ…」と、こうしくんが呟きました。
onigiriさんの名前の由来をお話ししたからでしょうか(^^〃)

onigiriさんが帰路の途中で寄った時の、パリ土産のかわいいマグネット。スワンさんと仲良く1つずつ。
今日はそれを眺めながら、クリスマスケーキをデコレーションしていました。
onigiriさん、本当にどうもありがとうございました。
こうしちゃんは、あのお菓子袋に保育所用エピロンを詰め込んで、毎晩自分で準備をしてるんですよ(^^〃)

おにぎり握って、ホンワリ。
いちご見て、ニンマリ。
何だか心が温かくなる、めうし達です。

それではみなさん、どうぞよいクリスマスを★

ポチッと応援お願いします!

人気blogランキングへ★

2008/12/20 (Sat)

        

12月12日
この日を避けるように生まれた、めうしの子供達。
平成12年12月12日
この日に生まれたら、ずらっと揃って気持ちイイね~と思ったのに、12月13日を選んだこうし君。
そしてその妹は。。。
予定日が兄と近くてそれならば、と13日を目指してスケジュールを組んだめうしに対して、
こうしちゃんが選んだ日は12月11日。
13日に産まれちゃったら、お誕生会がすっ飛んでしまう!
と、前々日の日曜日にこうし君のお誕生会を予定して、土曜日の夜中にケーキを仕込んでいたら
産気づいてしまっためうしでした(笑)

13日当日は、めうしのお産に備えて五島から来てくれていたばぁばとおうしさんで生クリームを泡立ててもらい、産婦人科の病室でめうしがシフォンケーキをデコレーションしました。
おうしさんとこうしくん、ばぁばとねぇね、めうしの父母、そしてめうしとこうしちゃん、誰欠ける事無く13日に、こうしくんのお誕生会を開けました。
とっても大切な思い出です。
多分妹は、兄の誕生会に出席したくて
2日早く生まれてきたのでしょう(笑)

最近毎日帰りが遅いおうしさんなので、
今年のお誕生会はパパがお休みの13日にしようね。
でも、11日の朝にやっぱりウキウキだったこうしちゃん。
その夜におうしさんはいないけど、
小さなケーキを作って小さなお誕生会を開くことにしました。
そうしたら。。。
めうしがスペアミントに出勤してる間に、五島に帰るばぁばを迎えに来てくれたねぇねから、2人へのかわいくカッコイイ
ジャンバーのプレゼントが届いていたり。
ばぁばからは、じぃじの形見の貴重な古いコインを2人にプレゼントしてもらったり。
スワンさんからは、ひよこちゃんとお揃いの
かわいいドライキャップをプレゼントしてもらったり。
パパがいなくてちょっぴり寂しいめうし達に、
ほんわり明かりを灯してくれました。

13日、おうしさんがお休みの日にケーキを囲んでお誕生会。
ノンナとけんジイからは。。。
こうしくんへ、大好きなエッシャーの画集。
こうしちゃんへは、
スペイン製コーデュロイの水玉フリルワンピース。
めうしの兄カバちゃんからは。。。
こうしくんへ、Xウィングファイターのレゴ。
こうしちゃんへ、木製どきんちゃん。
スワンさんからは、こうしくんへ護送車のレゴ。
おうしさんとめうしからは、
こうしくんの欲しかった6段変速の自転車。
こうしちゃんへは、スペアミントで作ってもらったポシェット。
クリスマス企画商品製作の為に大忙しのスワンさんなのに、
お願いして作ってもらちゃった念願の母娘々おそろいのバッグなのでした。

こうしちゃんは、ねぇねのマシュマロピンクなジャンバーに頬ずりをして、水玉ワンピースに花柄ポシェットをたすきがけ、ご機嫌でお出かけゴッコ。
こうしくんは、エッシャーの画集に吸い込まれて不思議絵の世界に埋没した後は、スターウォーズの世界に突入。
おうしさんは、カッコイイこうしくんのジャンバーに袖を通して羨ましそうでした(笑)
本当に久々の、ゆっくりとおだやかな時間。
子供達への温かな愛情、
本当に本当にありがとうございました。
また1つ、
かけがえのない風景が、心の中に残りました★

ポチッと応援お願いします!

人気blogランキングへ★

prevnext

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
最新コメント
[05/01 やっち]
[04/30 onigiri15]
[03/30 やっち]
[03/29 onigiri15]
[03/06 スペアミント*emi]
[03/06 こうまママ]
[03/05 onigiri15]
[03/03 やっち]
[12/10 プルメリア]
[08/03 そら]
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ[PR]

powered by NinjaBlog.Copyright©2007 *meushi* all right reserved.
Template by ねむ